フィンペシアを個人輸入すると価格が安いです

フィンペシアはフィナステリドが配合された治療薬のことで、最初は前立腺肥大症の改善を目的として開発されてきました。
しかし、多くの臨床実験の結果、脱毛症への効果も確認されたことで、AGAへの治療薬としても利用されるようになりました。
フィンペシアは、男性ホルモンの働きを抑え、抜け毛を防止することで脱毛症への効果が期待できます。
現在の日本の医療機関が処方してくれるフィナステリドが配合された医薬品と言えばプロペシアが定番ですが、フィンペシアは日本の厚生労働省から認可されていません。
そのため、プロペシアのジェネリック薬であり、基本的にプロペシアとほぼ同レベルの作用機構を有しているフィンペシアを入手しようとすると、個人輸入を行うしか手はありません。
フィンペシアというのは、インドのムンバイにあるシプラ社が製造販売する治療薬のことを指します。
そのため、我々がフィンペシアを個人輸入するとなると、インドの会社から購入する必要があり、語学的な問題が付きまといます。
しかし、そのような心配は不要です。
日本には、数多くの個人輸入業者が存在し、そのような業者を通すことで、我々はインターネットを通じて、日本国内で購入するのと同じような感覚でフィンペシアを入手することができます。
個人輸入の最大のメリットは価格です。
プロペシアと比べると、個人輸入で入手したフィンペシアの価格は1/3~1/10程度と非常に安価です。
AGAに治療は長期間に渡ることが通常であることから、1錠あたりの価格が抑えられるということは我々にとって非常に大きいと言えます。
但し、様々な個人輸入業者が存在するので、業者を選ぶ場合はしっかり調査して、信頼のおける業者を利用することが重要です。

Copyright © フィンペシアを使う前に見るサイト!副作用警報!,All rights reserved.