フィンペシアの副作用は強い?

男性型脱毛症、いわゆるAGAに効果がある薬として多く使われているのがフィンペシアです。
ジェネリック医薬品でもあるフィンペシアはフィナステリドを主成分とした薬で、長期間使用することでかなりの改善効果が報告されています。
薬には付きものである副作用の心配をする人もいますが、フィンペシア 副作用としては男性機能の低下が挙げられますが、これも個人差があって心理的なもので実際には副作用は無いとも言われています。
そんなフィンペシアですが、必ずしも誰にでも改善効果が認められるわけではありません。
そういった人の場合、より薄毛改善効果が高いとされているデュタステリドを試してみるのも良いでしょう。
抜け毛の原因となる5aリダクターゼを抑制する力がより強いので、それだけ薄毛を改善する効果が期待できるものです。
フィンペシアよりも強い薬があるなら最初からそっちを使えば良いのではと思う方もいるかもしれませんが、強い効果があるということはそれだけ強い副作用もあるということなので、最初からデュタステリドを使うのはあまりおすすめとは言えません。
そもそも、男性型脱毛症の治療に使われる薬はホルモンバランスに影響を与えるものなので強い薬を用法を間違えて使用するととても危険です。
場合によってはホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンを抑えるどころか胸が肥大化するような女性化を引き起こしてしまうことにも繋がります。
フィンペシアでも十分な効果が出る人もいますので、そういった人はわざわざ副作用の危険が高い薬を使う必要はありません。
フィンペシアを一定期間使用し、それでも効果が出ないという場合に用途と用法を守ってデュタステリドを使用するようにしましょう。

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme